メニュー
地域コミュニティ
サイト内の検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


最新の記事

  • 弁当の日、芸術鑑賞会

    2019年11月19日(火曜日)

    弁当の日、芸術鑑賞会 11月16日


     PTA保健厚生委員会の働きかけで、毎年1回「弁当の日」を設けています。11月16日は「弁当の日」でした。

     授業が普段より1時間遅く始まるため、生徒たちは思い思いの弁当を作り登校しました。

     昼食時間には、互いの弁当を見せ合い、楽しくいただきました。

    弁当.jpg 


     午後は芸術鑑賞会でした。長良高校コーラス部を招いて合唱を聴くことで、合唱祭に向けて意欲や技能を高めることがねらいでした。

     長良高校のコーラスを聴いて、十数名の声がこんなに響くことを初めて知りました。

    長良高校.jpg 

     合唱委員長は、お礼の言葉とともに、

    「皆さんの歌声を聞いて、鳥肌が立ちました。歌声の中に透明感と重厚感があり感動しました。」

    と話しました。


     鑑賞会の後は、長良高校の生徒が3年生教室に入り、学級合唱の指導をしてくれました。地声を美しい歌声にする練習など、具体的な指導で自分たちの声が変わっていくのを実感しました。

     また、高校の先生に、気持ちを指揮に表すことを教えていただき、指揮も変わってきました。

    教室合唱.jpg 

    IMG_8952.JPG


     12月19日の合唱祭に向け、各学級の歌声はますます響きを増してきました。

  • 教育講演会

    2019年11月06日(水曜日)

    教育講演会 11月1日


     1日の午後、教育講演会がありました。

    1_5.jpg

     講師は、ヒューマニック株式会社 代表取締役 堀江耕太 先生でした。堀江先生は、義足をつくる仕事をしていらっしゃいます。先生には、プロフィールに始まり、義足とはどういうものか、どんな仕事をしているかなどを聞かせていただきました。生徒が参加する場面もあり、楽しく聞くことができました。

    2_3.jpg

     第3部では、先生ご自身の経験をもとに、これからどう生きていくとよいのかを語ってくださいました。

    「特別なことをするために、普段通りのあたりまえのことをしよう。まじめにやっていれば、そのがんばりに声をかけてもらえる。そういうチャンスをつかんでほしい。」

    「あなたのことを知っている身近な人のアドバイスを聞くようにしよう。」

    「やらないで後悔するより、やって後悔するほうが良い。でもその前に、よく考えることが大切。」

    「いろいろな制限があるだろうが、その中で自分に何ができるか考えていこう。そして、周囲がくれるチャンスを、丁寧につかんでいこう。」

    3_3.jpg


     同じ地域に住む堀江先生の生き方、考え方に触れることは、生徒たちにとって大変勉強になるものでした。


     生徒会長は、全校生徒の代表として、

    「初めて義足装具士の仕事について聞き、一人一人に合ったものをつくる大変さを知った。ものの見方や考え方を変えると、もっといろいろな見方や考え方が出てくることが分かった。時間を無駄にしないよう、親や友人など、身近な人のアドバイスを聞きながら生活したい。」

    と、堀江先生の話から学んだことを、お礼の言葉とともに伝えました。


     生徒たちは教室に戻り、講演から学んだことを文章にしました。


    ・今日の講座で、自分の将来の夢のようなものを考えてみたいと思いました。講座でおっしゃられていたように、偶然のチャンスをやるかやらないか考え、逃さないように、自分のしたいことを明確にしたいと思いました。(1年生)

    ・今日話をしていただき、足や手がない人のために、堀江さんは一人一人に寄り添って話を聞き、義足を丁寧に作っていることを知りました。私が一番心に残ったことは、「問題点として考えるのではなく、改善点として考える。」という言葉です。これから生きていく中で、自分が何かをするとき失敗することがいっぱいあると思います。そんな時、これからどうしていけばよいか「考える」ことを大切にしたいです。(2年生)

    ・「やらずに後悔するよりも、やって後悔したい」僕は堀江さんの話を聞いてそう思いました。自分が今したいこと、それを突き詰めて、後悔したとしても実りのある人生をつくっていきたいと思います。そして、周りのアドバイスをちゃんと受け止めます。(3年生)

  • 西中われら

    2019年10月28日(月曜日)

    西中われら 10月30日

    「自己肯定感の向上」

  • 読み聞かせ

    2019年10月25日(金曜日)

    朝の読み聞かせ 10月23日


     読み聞かせボランティア「虹色」とPTA役員による読み聞かせが、23日の朝読書の時間に行われました。

     「虹色」は、生徒たちに、読み聞かせを通して本の楽しさを味わってもらおうと、年に7回、学校の図書室で読み聞かせを行っています。給食時間の放送で読み聞かせが行われることを知らせ、興味を持った生徒が昼休みに図書室に集まってきます。そこで、読み聞かせをしています。

     今回は、その拡大版として、全学級で読み聞かせを行いました。

     全学級で行うにあたり、「虹色」のメンバーと、PTA役員、学校職員も一緒に読み聞かせをしました。

    1_4.jpg

     生徒たちは、静かに耳を傾けながら本の世界に浸っていました。

     

    3_2.jpg4.jpg

     読み聞かせをしてくださった方々から、こんな感想をいただきました。

    「とても一生懸命な姿で聞いてくれて、こちらが力をいただけました。中2の子の心に何か残ってくれれば嬉しいです。本選びに迷いましたが、報われた気持ちです。貴重な機会をありがとうございました。」

    「みなさん初めての絵本ということで、安心して読みました。いいこと、悪いことが交互にやってくるお話を真剣に聞いてくれて嬉しかったです。これからやってくる‟山あり谷あり”の人生を乗り越えてほしいという気持ちを込めて…。」

    「これからたくさんのドアを開けていく皆さんにエールを送りたくて選びました。とても静かに聞いてくれてありがとうございました。これから、将来のこともたくさん考える時だと思うので、どうか自分を信じて、自分らしく輝いて人生を向上させていってくださいね。応援しています。」


     

     

  • 認証式

    2019年10月21日(月曜日)

    生徒会執行部、委員長認証式 10月15日


     15日(月)6時間目に、後期生徒会執行部、委員長の認証式が行われました。委員長たちは、校長先生から認証状を受け取った後、後期の委員会活動についての思いを一人一人語りました。

    議長「生徒をつなぐ架け橋になりたい。切り替えやあいさつのできる学校にしたい。」

    学習委員長「教えあいを充実させたい。理解の深まる授業づくりを進めていきたい。」

    生活委員長「挨拶をしたり服装を整えたりして、全校が快適に過ごせる学校にしたい。」

    合唱委員長「全校合唱をよりよくして、歌声を響かせていきたい。」

    健康委員長「各クラスの委員と協力して、10分配膳に取り組んでいきたい。」

    文化委員長「図書館を充実させ、興味を持って読書に取り組めるようにしたい。」

    環境委員長「全校が、自分から進んで掃除に取り組めるようにしたい。」

    認証書授与.jpg礼.jpg


     生徒会執行部の認証では、生徒会長が、

    「楽しく充実した学校生活が送れるようにしたい。そのためには、みなさんの協力が必要です。」と話しました。

    生徒会長_1.jpg


     認証を受けた人だけでなく、全員に役割があります。一人一人が自分の役割をきちんと果たすことが一緒に過ごす仲間のためになり、自分のためになります。

     

     さあ、後期のスタートです。

    全体.jpg

     

過去のニュース
記事
カレンダー
前月2019年 12月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今月>
Google検索
アクセスカウンタ
今日 : 296296296
昨日 : 680680680
総計 : 894473894473894473894473894473894473

ページトップへ

美濃加茂市立西中学校(みのかもしりつにしちゅうがっこう)

住所:505-0046 岐阜県美濃加茂市西町1−30 [学校周辺地図を表示する]

TEL:0574-25-2263 FAX:0574-25-2139